一言半句
-Diary-

平成十三年 神無月 中旬
-2001 October, Middle term-


十月十一日 予想的中

OVA 版『ONE』の時に負けず劣らず、近所のレンタルビデオ店では『フルーツバスケット』のビデオが入荷以来ずっと“貸し出し中”な今日この頃。

こっちは一般受けするものだから不思議ではないけど。


十月十二日 table orange

居間のテーブルを見たらカゴ一杯に蜜柑が。もうそんな季節かい、早っ。

小粒で甘味も酸味も弱いあたり、早生かハウス物ってところか。


十月十三日 highlight

日本科学未来館で展示されてるインターネット物理モデル、面白過ぎ。ここの売店でこれのミニチュアキット出したら売れるんじゃないか?

PC を知らないと文字のエンコードとデコードの考えが分かりづらいかも知れないけど。

study by observation

8:00 起動。のろのろと支度をして 9:40 自宅出発。

10:30 JR 浜松町駅到着。5 分ほど駅構内でボケッとしていると、GFoC 西の重鎮たるNABE御大を発見。合流して駅近くの喫茶店で茶をしばく。昨日ゲームショウを観てきたとの事で、その辺について色々話を聞く。曰く「ときメモ3のキャラの顔、縁日で売ってるセルロイドのお面みたいとか。自分は端からやるつもりはないのでどーでも良いのだが、その表現にウケた。あと一般入場者のコスプレが可で有ることを初めて知る。ショウ自体にユーザサービスのお祭り的な部分があるらしい。

小一時間ほど話していると、レオーノフ教授から浜松町に到着の旨 PHS に着信。店を出て合流後、WTC ビル内の書店で本を少々見る。

12:05 えるすと若頭から浜松町に到着の旨 PHS に着信。合流して浜松町バスターミナルから東京ビッグサイト行きの都営バス虹 01 乙に乗る。

船の科学館駅前で一同下車。路上の案内板や地図には目的地である日本科学未来館の文字がない。地理状況から大まかな方向を見当つけて徒歩 5 分、無事到着。 \500 の入場券を購入後、1F から見て回る。シンボル展示でぶら下がる全面 LED パネルの地球儀にデジカメを向ける一同。っていうかなんで四人ともデジカメ持ってるんだ

3F 。超伝導コーナーでの実演やマイクロマシンの動いてる様子、ロボットコーナでキカイダー状態の PINO を見たり。白黒の玉で実際に遊べるインターネット物理モデルで妙にウケまくって説明員を困らせてみる。球数が確保できれば二人ずつに分かれてチャットに挑戦してみたかったが。多言語コンピュータのコーナで『超漢字』ベースのマシンを使ったクイズに挑戦とか。漢字はともかくトンパ文字なんてわからんぞなもし。

5F 。脳のコーナでスライスされた人間の脳の標本を見る。それを見て御大曰く「生ハムみたいやな」。大いなる食欲減退の呪文をありがとう。でも解呪もして欲しかった。極限環境のコーナで『しんかい6500』の原寸模型を激写。マニピュレータは漢の浪漫。靴を脱がねばならぬ規則のため、ハイカットのトレッキングシューズを履いていた俺は耐圧殻に入れず無念。スーパーカミオカンデで使われている光電子倍増管の馬鹿デカさに呆れてみたり。直径 20 inch とは。

通路で国産ロケット H-IIA に搭載のエンジン LE-7A を見たり、売店で若頭が宇宙食全種類を大人買いして \6000 を突破してみたりしつつ、17:00 頃脱出。 都営バスに乗って浜松町へ、そこから山手線で東京駅へ。秋葉原に用事のある若頭と別れ、新幹線で大阪に帰る御大を俺とレオーノフ教授でお見送りプレイ(小一時間の茶飲み含む)。

見送り後は翌日の即売会を考慮してそのまま自宅へ。しかし帰宅途中に夏町さん(注:2002年5月12日現在 曽我十郎さん)から電話があったり自宅近くのデニーズで夕食中に新横浜滞在中の音二郎(元)先生から電話があったりでしっぱい魔法気味。

食事から戻り自室でレオーノフ教授とくつろいでいると GFoC バカ一代たかつきから電話。手ぶらモードにして三人で今日の出来事やアレでソレでナニな話を一時間半弱。

その後はカタログチェックとか他愛もない話をして 27:00 就寝。

布団は無事二人分敷けましたとさ(昔話調)。


十月十四日 目移り

さて帰宅したは良いが、即売会で買ってきた本を読み耽るか、CE-AP1 + 痕 for ICRUISE でウハウハ(死語)になるか、それが問題だ。(勝手にしろ)

それにしても CE-AP1 、ごつい。

coterie spot sale

8:30 起動。準備をして 9:40 自宅出発。

10:45 浜松町到着。コインロッカーにレオーノフ教授の荷物を預け、エターナルカノン3の会場である都産貿に 11:00 着。入場行列に並ぶが、ものの 10 分で建物内へ。小規模即売会マンセー。

会場に入ると既に両壁サークルには幾つかの長い行列が。タバスコ、もとい行列は人類の敵なので回避しつつ走査開始。端から一サークルずつ眺めていく。ここで開かれる即売会は自分が知る限り例外なく通路が広くとられるので巡回し易くて助かる。テーブルも広いのでKEYさん不可思議さんから「出し物が少ないと閑散として困る」と聞いた覚えがあるがそれはそれとして。

カタログでチェックしたサークルや表紙から何かを感じる本を拝見、良ければ頒布して貰う、サー・長野さんのハンマーフォールで無料配布のミニチュアのぼりを貰う(関西の言葉は声を掛けるのに向いてる様だ)、新刊『Blue in Green』の購入がてら高橋むぎさんにご挨拶に伺う(教授が頼まれ物を含め三冊買って驚かれてた)、等々で約一時間。会場内を一巡したので昼食を摂るために脱出を図る。 会場のある 5F からエレベータで 1F へ降り、外へ出ようと玄関へ。ここで丁度入ってきた夏町さん(注:2002年5月12日現在 曽我十郎さん)とばったりエンカウント。電波か?

とりあえず拉致って WTC ビル B1F で昼食を摂りながら昨日行った日本科学未来館の事とか話す。夏町さんもインターネット物理モデルが観たかったらしい。納得。アレは話のタネに一度は観ておくのが良いと思われる。その時はチャットを。

食事も終わって 13:10 都産貿へ戻る。夏町さんの巡回に付き合う振りして落ち穂拾い。\10 ラミカとか。まりのねむさんの本を総掴みしてる夏町さんを観てニヤリとする俺と教授。高橋むぎさんの所と古川やすしさん(新高山登山隊)の所への挨拶に小判鮫プレイ。等々。小一時間で巡回が終わり会場を脱出。

次に、先週買い損ねて取り寄せ依頼してあった CE-AP1 をヨドバシカメラ西口店で保護するため、浜松町から新宿へ移動。店では特にトラブルもなく、貯まっていたポイントで全額を支払い無事 GET 。\4000 + tax. は安い。投げ売りか。MI-E1 以降 MP3 プレイヤ内蔵となったからか、そろそろ製造終了と在庫処分の雰囲気が感じられる。夏町さん、教授とも「買っておこうかなぁ」と呟いたとか。

ヨドバシカメラを出て茶をしばきに銀座ルノアール新宿西口店へ。昆布茶の付け合わせがミニ羊羹からおかきに変わってる事に時の流れを感じつつ(意味不明)、ザウルス関連(WallPaper 関連、情報ファイル関連、内部仕様関連、etc.)、ロボット関連(UI、動作、etc.)とか。エターナルカノン3で二冊買っておいためたぞ〜んさんの天野美汐へな漫画VOL.2「天の6号」を一冊渡したり夏コミで買ったアレでソレな本を二冊ほど見せたりで夏町さんを美汐漬けプレイ。等々。

そうこうするうちに 17:40 、「夕食を食べよう」とルノアール脱出。適当な店揃えのあるルミネ新宿店 6F へ。俺が数年来オムレツの類を食べてないという理由(?)でせっかくだからグルメ・ロムレットを選ぶ。プレートオムライス『きのことほうれん草クリームソース』がウマウマ。量もあって \1080 には不満無し。

食後しばらく携帯電話の話とかして 19:00 、店を脱出。飛行機で帰る教授の見送りをする為に再び浜松町へ。19:35 東京モノレール改札口で教授のお見送り後、夏町さんと東京方面の京浜東北線に乗る。上野で夏町さんと別れて常磐線、東武野田線を乗り継いで帰宅。

自室で一服後、即売会で買った本を読むか CE-AP1 のセットアップをするか迷ったが、眠気が勝って寝床で沈没。

で、結局。記憶を書き纏めると夏町さんを半日拉致っていたことが判明するワナ。


十月十五日 cold

今朝目が覚めると前頭部の鈍痛+喉の痛み。なんでやねん。

昨晩は大事をとって何もせず早めに寝たというのに。

recording

十三日の行動記録を簡単に書いておいたりとか。完全メモ状態。

しかしたった二日前のことをよう忘れとるわ、ワシ。


十月十六日 CV

近所のレンタルビデオ店で『フルーツバスケット』のビデオが借りられたので観てみた。予想通り透の声がマルチの声に聞こえるぞ、堀江由衣。

悪いとは言わないが、映像特典で聞いた素の声にもっと近くても良いんじゃないかとも感じた。

memory swap

十四日の行動記録を書いてみる。かなり適当風味。

もっと効率よく記憶が保存できないものか。


十月十七日 repeat

昨日観た『フルーツバスケット』の OP と ED の曲が頭の中で止まらない。停止ボタンはどこだ?

どうやら声質がツボの模様。

captured

付けてるアンテナ(?)が一瞬「……セリオ?」と思わせたひょうごちゃんがマスコットの『ひょうごアンテナ』に捕捉いただいた様子。ありがとうございます。

更新情報取得時刻と <address>〜</address> 部分が同じ『紗希音ちゃんアンテナ』とは姉妹アンテナと言うべきか?


十月十八日 careless

T-FACTRYさんのデジタルコミックコンテンツに『あまのっち』なるマンガがあるとは気付かなかった。 SS を読みに何度か行った筈なのに。

とりあえず可愛く描かれているので良。

source

己が Web で書くテキストに(主にセルフツッコミ要員として)出てくるドッペルSP48K。“ドッペル”とは言うまでもなくドッペルゲンガーの略である事はともかくとして、コイツには元がある。

たしか『ONE 〜輝く季節へ〜』が出た前後の時期だったか、Tactics のトップページを左右逆・色違いの SD 郁美ペア(『MOON.』のヒロイン)が飾ってた。で、 2P カラーに塗られていた方の画像に書かれていた代替テキスト“ドッペル郁美”がソレ。

ちなみに、ドッペル郁美はコンパス発行の『タクティクス設定原画集』 p.4 のラフにある線画に色付けされた絵だったような。かなりうろ覚え。

まぁそんなわけで、“ドッペル○○”というネーミングの copyright は少なくとも自分ではないのでした。>川崎水姫さん

更に元を遡れた気がしたけど、思い出せないので放っておく。

khorosho!

こないだの日曜日に買った CE-AP1 を MI-TR1 で使ってみる。目的はもちろん 『痕 for ICRUISE』 を BGM 付きプレイしてウハウハ(死語)になること。

本来は ZVNS 一式を収めた専用 CF を用意する主義だが、容量計算の結果約 37MB (bitrate 64Kbps の MP3 ファイル 約 26MB +『痕』ゲームデータ約 10MB)の空きがあれば充分だと分かったので、普段差している 64MB CF で絵を描く環境と共存させることにした。

まず PC からバックアップしておいた ZVNS ディレクトリ(『痕 for ICRUISE』の分)を CF にコピー、詰まらないトラブルが起こらないようにセーブデータ (*.SAV) を消し、__ZAURUS ディレクトリに『痕 for ICRUISE』と 『「MP3 プレイヤー」MOREソフト Ver1.2』 の各 ZAC ファイル、MP3 形式にした BGM ファイルをコピーして MI-TR1 へ。あとは CE-AP1 本体の接続と ZAC ファイルの展開をしたら準備完了。で、どんなものだか早速試してみる。

……なんか、かなり幸せになれるんですが。去年の夏コミでS.TAKeさんにご挨拶したとき BGM の効果は認識したつもりだったのだが、VGA の高精細液晶表示とタッグ組まれると洒落にならぬ相乗効果。こりゃたまらん。マンセー!

ただ、BGM のループするタイミングで少々の無音部と若干のノイズが乗る。無音部は仕方無いとして、ノイズはソフトのエンコードによっても変わる様なので(SCMPX と 午後のこ〜だver2.36 とでは後者の方が少なかった)bitrate と合わせてベストマッチがあるはず。元の WAV ファイルは保存してあるから気が向いた時にでも色々と試してみるつもり。

ちなみにコレって『CE-AP1を制御する方法』を基に MP3 対応されたそうな。『「わっふる」 for Zaurus』&『「あかね」 for Zaurus』も同様にして MP3 対応して貰えたら更に幸せになれるんではないかと勝手なことを思う今日この頃。

寝床や外出先への移動中、お茶のお供に最適です。


十月十九日 thirst

今日ほど CSS2 の voice-family プロパティを使いたいと思ったことはない。もし有効ならば、
span.misio-speech {voice-family:"SAKAMOTO Maaya",female;}
とか指定したいんだが。(意味不明)

言われてみれば確かに地の文が普段のままだよね……。

unchanged

ほげほげーっと HTML 文書を打ちながら、Netscape6.1 で閲覧テスト。

一区切り打った所で Ctrl+S 、Alt+Tab で Netscape6.1 に切り替えて再読込の為に Ctrl+R を押そうとして、間違えて Ctrl+E を押してしまうワナ。そして不本意に起動する Composer 。

HTML も CSS も、もっぱら WZ Editor4.0 で打ってるのでこの手のツールにはご無沙汰してるのだが、まぁせっかく立ち上がったのだしどんなものだか触ってみることにする。

メニューとヘルプをざざーっと見回す。あー、やっぱり別ファイルでリンクする CSS の編集は全く考慮されてないのね。にはは。そんなもんだカンガルー。『すべてのタグを表示』モードがなにげに昔触った DreamWeaver に似てる気がしなくもないけど、表示されてるエレメントをダブルクリックすると詳細プロパティエディタが開いて属性やらスタイルやらが編集できるのはちょっと便利かも知れない。『HTML ソース』モードはただソースが見られるのと最低限の編集が出来るだけ。いらんわ。『標準』と『プレビュー』モードはいわゆる WYSIWIG なんだが違いが殆ど無さ気。

で、『挿入』『書式』メニューで色々試していると“インデント挿入”コマンドを見つける。この場合、良く見られるのが引用文の意味を持つ blockquote タグの挿入なんだが、仮にも W3C 準拠を謳う Mozilla の分家にそんなフザケた事はさせないだろうと思いつつ、気になって試してみる。

そして見事挿入される blockquote タグ。なんてこったい。

NC4.x の Composer と変わっとらんやんけー。


十月二十日 Mozilla

もじら組で昨晩 Mozilla 0.9.5 日本語パック ver.1.0 が公開されてたので試してみる。や、タブブラウザになりますな。Donut とかの様には使い勝手は良くないみたいだけど、面白いからしばらく使ってみよう。

ショートカット(not hair style)が分かるともっと便利なんだが。

TAGUCHI "SP48K" Nobuaki <mailto: sp48k@t12i.net>
WebSite URI: http://sp48k.t12i.net/