一言半句
-Diary-

平成十三年 葉月 上旬
-2001 August, Early term-


八月一日 本日の瞬間的混乱

一瞬、見るトコ間違えたかと焦ってみたり(汗)。

見慣れた体裁ではあるんだが(ぉぃ。

みしこ・・・?

にょー。っていうか左上のてるてる坊主風味なのは一体。

しかし、本当にこんな恰好させたら心底嫌そうな顔するだろうに。

今日の査収物

ここ最近、落描きをしていて己が身体を描けない事をつくづく痛感していたのと、PDA掲示板村山 慶さん簾徹之さんが人体の描き方について解説されていて、まともに身体を描くにはそれなりの知識とノウハウが要ると考え、その手の本を買おうと思い立つ。

本当は他人の絵を真似したり自分の身体を参考にしても描けるとは思うんだけど、妙な癖や嘘まで真似しかねなかったり自分のゴツゴツした身体では女性を描くときの参考にはならないだろう、って考えもあったりなかったり。

でもって書店で目に付いた一冊をパラパラッとめくってみると、プロポーションから始まって、骨格と筋肉、立体と遠近法、等々、題名の“やさしい”という言葉とは裏腹にテクニカルな内容。値段もお手頃だし、論理的記述で好印象を受けたし、1943 年に書かれたオリジナルが日本語訳され未だ発行されているのだから良書であろう(ちなみに手元の本は第66刷)、と言う事で以下の本をチョイス。

読み進めるに伴ってそれなりの練習も必要そうだけど、まぁ飽きない程度にチマチマやっていこうかと。

良い本を読んだからと言って良い絵が描けるとは限らないけどネ。


八月二日 本日の夏季的感冒

目が覚めると頭痛、悪寒、喉の痛み。犬以下ですか、俺は。

若干、腸熱もありそうな様子。

忘れた頃に

美汐と真琴のお話。

まず天野美汐のサブキャラ云々について。齟齬を感じさせてしまったのは、ひとえに己の書き方が悪かったのだろうと反省してます。今、自分で読み返してもツッコミどころ満載ではあるものの、恐らくは自分が天野美汐というキャラクタに近付き過ぎ多分に一般から偏った視点を持っている事と、偏ったなりにどう見えているか、を当時の自分は書きたかったと思うんですが。

ちなみに「通」であるとかは全く考えてもいなかった事で、昔から己が気に入ったことは他人の評価などは何処吹く風でのめり込む質だったり。メジャーとか流行などにも甚だ無関心なもので。

それと、「祐一の妻として」という意味で有れば自分も真琴は帰還しない方がいいと思ってる人です。それは還ってこない事による物語の美しさという意味もあるけども、それよりむしろ帰還する意味を考えたときそう思える。元々、真琴が人の姿になってまで祐一のもとに現れたのは純粋に人の温かさや優しさを求めてのことだから。

ちょっと話が飛ぶけども、せいるさん「インセストに近いのかな」と言う意見、分かる気がするのです。本編中、真琴が「けっこんしたい」と言ったのは“ずっと一緒にいたい”って気持ちがたまたま読んでいたお気に入りの漫画の中に台詞としてあって、その同じ台詞の中にある「結婚」という言葉にリンクしただけの事で、本当に結婚して妻になってどうこうという気持ちや考えは無かったはず。彼女の求める物を考えれば、「家族」として位置付けてあげる方が相応しい。

よしんば真琴がそのままの姿で帰還し、祐一の妻になったとして、果たしてそこに真琴が求めていた物があるのかは疑問を感じる。人の温かさや優しさが無いとは言わないけど、それ以上に色々なことがあってなにかと問題なども起こるはず。真琴自身も少なからず苦労するはず。細かいことを気にするなと言われればそれまでだけど、正直なところ自分にとって「祐一の妻となった真琴」は想像しづらいし、したくない。

そんなこんなで、「妻」としての真琴の帰還はしない方が良いと思っているのです、自分は。

……また訳わからん風味だ。


八月三日 本日の .htaccess 的追記

"bumblebee@relevare.com" なる UA が名前通り喧しくアクセスしてくるので deny。

Flash 無しでは見られないサイト(http://www.relevare.com)を作っているトコとは縁が無かったと言うことで。

ASIMO を見に行こう

レオーノフ教授からの電波で、去年に引き続きツインリングもてぎへホンダのロボットを見に行く話が。

今年はASIMO WORLD 2001 in もてぎなるイベントが大々的に行われるらしいから見るところは一杯ありそう。そう言う意味では嬉しい。

ただ、この1年でホンダのロボットは随分と有名になったし、数日前の新聞に大きく広告が出てた覚えがあるし、ウチらが行くのが 8/11(sat) だったりするんで混雑が酷くないか心配。夏休みのお子様連れの家族御一行とか。去年はそうでもなかったんだけど。

駐車場のこととか考えると当日は早めの時刻に出た方が良いかなぁ。

有名になるのも困りものではあるネ。


八月四日 本日の遠方的轟音

19:00 、自宅より北東方向から「ドカン、ドカン」と轟音が響き始める。今日は手賀沼花火大会らしい。

去年は COOLPIX950 で撮りに行ったっけ。見事に惨敗したが。

ザウルス布教

昼飯食べて一服してると、自室用の電話が鳴る。

この時間帯に掛かってくる電話はまず間違いなく勧誘の類なので放っておくと、留守電モードに切り替わった電話のスピーカーから中学からの連れであるK田氏の声が。咄嗟に受話器を取り話をすると、
「17:00 まで時間空いてるんだけど、遊びに行って良い?」
と訊かれたので O.K. を出す。

10 分後、K田氏到着。エアコンで涼しくした部屋の中DVD Video の話とか、漫画の話とか、PC の話とか、だらだら。

そうするうち、部屋に転がっている MI-E1 を見つけられる(精密機器を転がしておかないでください:ドッペルSP48K)。「今は紙の手帳使ってるんだけど、これってなにが出来るの?」と訊かれたので逆に「何がしたいの?」と訊き返す。

K「えっと、まずメモが取りたいんだ」
48「インクワープロでガスガス書けるし、手書きメモなら図も書けるぞ」
K「予定とかは?」
48「スケジュールで好きに入れられるし、アクションリストで優先度付けた ToDo 管理できるぞ」
K「手帳にある鉄道路線図とかは?」
48「主だった都市なら入ってるし、有料だけど『乗換案内』もある。Web に繋いでジョルダンのサービスも使えるぞ」
K「Web も見られるの?」
48「mail も ftp も telnet も出来ますがなにか」

……とりあえずしたい事は全て出来ることが分かったらしい。ついでだったんで MP3 が聴けたり 16 bit color で絵が描ける事も見せておくと結構喜ばれる。いや、最近は他の PDA でも出来るんだけど、と言うと実はこの間店頭で色々触ってきたらしいのだが余りよく分からなかったらしい。そりゃどれも UI が PC とは違うから仕方ないか。

カタログで「出来る」と書かれているのと、実際に目の前で見せられるのとでは説得力が違う様子。なんだか、妙にザウルスが気に入ったようで帰りしなに「またお店で見てくるよ」と言ってた。

ザウルスユーザ、一人増えたか?(ニヤリ)

尤も、ザウルスにも得手不得手があるから無理には勧めないけどネ。


八月五日 本日の時間的浪費

今日は、昼食、夕食以外の時間を訳もなく寝続ける。

で、見た夢が理不尽な死。

vector vs. scalar

徒然に、愛はベクトルかスカラか、という考えは面白いと思って頭の中で暫し遊ばせていたのですが、自分の考えでは真琴のそれもベクトルに思えます。

確かに、真琴は(特に登場当初)その振る舞いから方向性を持たない(=スカラ)ように見えるのだけど、それは単に方向性を持たせる術を知らなかっただけに思えるので。水流の力で無秩序に暴れるホースの先みたいなもので、早い話、身体はともかく、精神面は子供だったと。例えば、祐一への悪戯は幼稚園や小学生の男の子が気になる女の子にちょっかい出したり悪戯するのと酷似してる。

そして中盤以降、悪戯をしないようになったり、寝床に入ってきたり、校門で待ってみたりしてるのは、日々の生活の中から方向性の持たせ方と自分が向きたい方向を知るようになったからで、精神的な成長によって人のそれと同じようにベクトルが顕示される様になったのだろうと。ただ、そのベクトルが恋人のそれなのか、家族のそれなのかまでは分かりませんけどね。よんぱちは普通の子よりちょっと頭の悪い、ただの男の子ですから。(違

それと、一瞬しかない奇蹟の煌めきを、二度、三度と求めるか? という問いについては「水瀬家一同」のプリクラ写真に写る笑顔が答えかな、と。

ちなみに、真琴へのふかーい愛と言われると天野美汐原理主義(意味不明)の己としては困惑するらしい。刺客が差し向けられはしないだろうか、ドキドキ。(←来ません)


八月六日 本日の週間的天気予報

ここ暫くの涼しさが今度の土、日まで続かないかと関東地方の天気予報防災気象情報サービスを覗いてみる。32℃まで上がるのか、がっくり。

そして会場内の気温は……推して知るべし。

CodeRed?

自室の ISDN ルータの SYSLOG を覗く。 port 80 へのアクセス要求が一杯。恐らく CodeRed 系の一団かと。

ウチの PC は Win2K だけど IIS は入れてないし、とりあえず MS の緊急パッチも当ててある。もっともその前にルータで filter されてるんだけど。

それでも約 30 秒間に同一ホストから 53 回も来られるのはちょっとなぁ……。

ま、他のウイルス共々気を付けませう。


八月七日 本日の土壇場的嘆き

あぅーっ、夏コミ間近なのに部屋が全然片付かないーっ。レオーノフ教授が泊まりに来るのにーっ。

本の片づけって、つい読み耽るのよね…。


八月九日 本日の微速的回復

頭痛と悪寒は退いた。概ね健康になった。腹痛と腰痛と喉の痛み以外は。

……駄目じゃん。

current status

まずはどうにか部屋の片付けが8割方終了。あとは明日の日中に掃除機とダスキン掛けして良しとする。

とはいっても「綺麗に整理整頓」には程遠くて、二人分の布団が敷けるスペースを確保、という意味。8/11,12 と兵庫から泊まりに来るレオーノフ教授に雑魚寝はさせられぬだろう。「大の字で寝られる」、これが交通の便が悪い千葉の片田舎たるウチに泊まる唯一のアドバンテージなのである。自分で書いてて情けないが。

もっとも普段から整理整頓していればこんな苦労は要らぬ訳で。後悔先に立たず。

その一方で、夏コミカタログチェックは全くやっていないワナ。なんてこった。まぁ 8/12(sun.) の分だけだから明日の晩でどうにかなるだろう、と希望的観測をしておく。案外チェックにハマって夜更かしして、明後日泣きを見たりするなんてのもあるかも知らんけど。

……一瞬、妙にリアルなヴィジョンが見えた気がしたが忘れよう、うん。

そんなこんなで己の場合余裕がないのは単にだらしないだけなのです。

予定とか

明日から数日間の予定とかをへろっと。

ざっと大雑把にこんな感じ。細かいことは考えていないらしい。

コンタクト希望の方は tel. or mail にて連絡の程を。居ないか。


八月十日 本日の一進一退的体調

頭痛と悪寒、復活。負けじとバファリン服用プレイ。

薬で抑えている間にへこへこお掃除中。

難多かれど準備良し

今日一日で部屋の片づけが何とか一区切り。物品の整理、雑巾掛けと掃除機掛け。 成果として布団2枚分+αの床面積を確保。廊下に荷物を置かずとも済みますぜ、レオーノフ教授。

本当は要る物/要らない物の分別と処分もした方が良いのだけど、流石に時間が無い。

でもって CD-ROM 版夏コミカタログチェック。こないだやった検索は結果がボロボロだったので基本に帰ってサークルカットをチェックすることに。ウインドウを最大化、左側に 100% サイズの『サークルカット』ウインドウを横スクロール無しのサイズまで広げ、右側に『お気に入り』『検索』『詳細』ウインドウを視認性良く並べ、キーボードでガシガシとチェック。UXGA 画面をこんな事に使うのは無駄遣いの極みな気がしなくもないがそれはともかく。

一日分なだけあって4時間弱で一通りチェック完了。あとは明日の晩にレオーノフ教授のチェックを参照すればそこそこのチェックリストが出来るにちまいない。

差し当たり今回の準備は出来たってところか。色々アレだが。

あ、おでこが熱くなってきた。クスリが切れたらしい。(←誤解を受けそうな表現)

言霊

とっとと寝なけりゃいかんのに、何故かVGAザウルス用 コミックマーケット60CD−ROMカタログ ブラウザなんか仕込んでたりする俺。

あぁん、もう!

やっぱ 256MB は欲しいところだね、 CF。←寝ろ

TAGUCHI "SP48K" Nobuaki <mailto: sp48k@t12i.net>
WebSite URI: http://sp48k.t12i.net/