一言半句
-Diary-

平成十二年 文月 -2000 July-


七月一日 熱帯夜

今晩は東京で今年初めての熱帯夜だそうで、防災気象情報サービスで 24 時現在のアメダスを見てみると…都内は最高で 27 度、自宅近辺でも 25 度。風呂上がりに汗がなかなか引かないのも無理はなく。

CSS 覚え書き (letter-spacing)

letter-spacing は IE5, NC6PR1 がサポートするも、画一的に文字右側へ spacing。その為 text-align で center | right を指定すると、中心 | 右端から少々左にずれる。これは CCS2 Specification でも "Character spacing algorithms are user agent-dependent. " とあるので文句は言えない。

とはいえ、できれば賢い spacing をして欲しい。align が center なら文字の左右に均等に、left, right ならその反対側に spaceing するとか。あ、でも cascading rule もあるから text-align の後に letter-spacing を指定した方がいいのか? でもウチはそうしてるけどやっぱりアカン(笑)

しかし IE5 と NC6PR1 、 em 単位で同じ値を指定すると入れられる space 量が 1 : 2 なのは困りもの。折衷案を採るしかない(涙)

それでも現時点ではもっとも HTML4.01 & CSS2 をサポートするブラウザ>IE5, NC6PR1

豊かな生活?

つらっと asahi.com を読んでいると、今年4月に入社した新入社員は「人並み以上に働きたい」のだそうで。それは悪いことではないのだけど、理由を読むと「経済的に豊かな生活を送りたい」がトップらしい。…本当にそれでいいのかな?

日本が戦後、「経済復興」を旗印に爆発的な経済成長を成し遂げたこと自体は称賛に値するけど、それと引き替えに色々なものを失ったから現在社会問題が林立してるのは間違いないわけで、その辺りを分かった上で今回のアンケートに答えた方々が答えているなら良いのだけど、少々不安。

お金も大事だけど、もっと他の大事なものに目を向けるのも一興だと思うんですけどね。

いくら稼いでも、あの世にまでお金は持っていけないよん ;-)

七月三日 ザウルスも「勇者」の仲間入り?

sugichさんの『今日のおことば(2000/07/03)』からZKIZU - 痕 for igeti -きしゅーや Online(webmaster: S.TAKeさん)へひとっ飛び。Zaurus igeti で『痕』を、というものらしい。えくせれんと!

"for igeti" なので、自分の MI-310 は範疇外なのだけどかまわずインストール! とはいえ、操作に必要とされているスクロールキーや決定キーも MI-310 には無いんですけど(ぉぃ

初回起動時、一瞬「セーブデータ云々」とメッセージが出たものの、無事テキストが表示され始める。読み進めるのは画面タッチ、選択肢では該当選択をタッチする事で No problem 。セーブデータも働いている様子。すぱーぶ!!

現時点ではテキストのみの表示だけど、とりあえずグラフィック出力を目標にされているとのこと。まぐにふぃせんと!!!

また、「これからの予定」の中に「mp3によるBGM再生対応(ZaurusのMP3playerが使えれば) 」とも。グラフィック、BGM 共々どこでも『痕』が楽しめる日が来るのかも。ぶりりあんと!!!!

身内ではここ最近 Palm が人気だけど、自分はやはり長年使い慣れたザウルスがお気に入り。そのザウルスで、というのは嬉しい限りです、ハイ。

さあ、コレを読んでいる Zaurus (CF slot付)使いのあなた、れっつ動作確認っ!(笑)

「ざうすけ」といい、最近は MI-310 の稼働率が高い鴨 :-)


七月五日 ZKIZU v.0.11 ver.up

痕 for igeti が 0.11 に。MORE soft のファイル名規約に基づく変更と、画面タップ操作の改善がされたそうで。後者は Zaurus がスクロールキーや決定キーが無いことへ配慮して下さったようです。ありがたや。

『星虫』、読了。

ここ最近、Web 日記などで話題になっていた『星虫』(岩本隆雄 著/朝日ソノラマ文庫)。自分も先日の日曜日に秋葉原の書泉ブックタワーで購入、やっと読み終えました。

読み終えた第一印象は「とても良質の SF(Science Fantasy)」。科学考証とか「うぐ?」となる箇所は幾つかありますが、ファンタジーだから気にしちゃいけません(笑)。そんな些細なことより物語として評価すべき作品です。

具体的に評価すべき点はいくつかあるけど、エピローグでの畳み掛けるような締め方が個人的には好きかなぁ、と。詳細は自分が書くよりも各自読んでもらった方がよさげ。

自分は今も昔も小説の類はあまり読まない奴だから知らなかったけど、この作品は元々、第一回ファンタジーノベル大賞の最終選考に残り、十年前に新潮社から出版されていたそうで(千熊屋ウラ日記(2000/06/28)千熊屋。(webmaster: 千熊屋さん)を見ると酒見賢一の『後宮小説』に負けたらしい(^_^;;)。しかしその後作者は十年間休眠。で、今回の復刻。

十年後に、しかも別の出版社で復刻というのはどういう経緯なのか見当も付かないけど、これだけの話が書けるならそのまま復活して新しい作品を書いていただきたいものです。

星虫の正体が笑えました :-)

求む、デッサン力

ザウ絵を描いていて壁にぶち当たる。手が描けない(苦笑)

ふと思いついて二、三日前からザウ絵を描いてた。顔、髪、服辺りは資料とにらめっこしながらなんとか。が、しかし。物を持つ手がどうもうまく描けない。自分の手をデジカメで撮って模写してみたりもするけど、描きたいのは男のゴツゴツした手ではなく、女性の細い手。あまり参考にならず。

これはひとえにデッサン力が無い故の問題。たとえば手なら、指などの各部品を把握して描いているわけでなく、資料を見てその輪郭を追って描いているからだと思う。十年以上前、自分が絵を描く事をやめた理由の一つ。解決法は試行錯誤でも描き続ける事しかないのだろうけど、タイムリミット(謎)は約二週間。

さて、間に合うか?

これを機にデザイン人形でも買おうか?(笑)

「人並み以上に働く≠残業を沢山する」

「人並み以上に働く=残業を沢山する」という考えは、早い話バイト気分が抜けてないって事のような気が。一時間いくら、って感じで(^_^;;;。

雇用側が求めているのは長時間稼働ではなくて、稼働効率( SI unit なら単位時間当たりの熱量(エネルギー)である J/s = W )のはず。その辺りをわかっての回答ならどんどん仕事こなして業績挙げて給料アップ、って事だろうから良いけど…そういう解釈に取れるかは微妙。

ま、仕事にしろ遊びにしろ趣味にしろ何にしろ、一生懸命やるなら悪いことではないとは思うヨ。

「中途半端」はいかんよね(自戒)


七月七日 七夕

…星空どころか台風直撃(汗)>本州東部

なんだか寂しい風味なので気晴らしも兼ねて落書きしてみるテスト。

世界が平和になりますように まほろ

嗚呼、手抜き(笑)

こーいうしょーもないのだったら楽なんだけどナァ。


七月九日 台風一過

おかげで大気のゴミとか吹っ飛ばしてくれて、青空が綺麗。己の心のゴミも吹っ飛ばしてくれると嬉しいのに(出来ません:台風)

NextFTP v.1.93

NextFTP の ver.up メールが来たので DL してインストール。レジストして結構経つものの、大した使い方はしていないので全機能は把握してませんが、不満は特に感じていないので使い続けてます。

今回の変更ではディレクトリ容量を調べる機能が付いたとのことなので、早速試してみると…ひたすら各ディレクトリのファイルリストを取って合計してる(笑) 力業だなぁ。

ともあれ便利なので O.K. 。

しかし何だかんだで 13 MB もディスクスペース喰ってるのはかなりナニかも X-(

web ブラウザって…

コレなら文句無くおっけー、なモノって無いだろうか?

自分は普段の web 巡回に NetscapeCommunicator4.73J を使っているのだけど、CSS が「うぐぅ」だったり、JAVA 関連で「あうーっ」な事があったりで、「文句無く」からは程遠く。それでも MSIE を使わないのは NC4.73J 以上に使いたくない理由がある訳で。

あ、MS への偏見とかで使わないのではありません。メーカを問わず、良いと思ったモノは評価する性分なので。現に IE5 は HTML4.01 & CSS2 への対応が NC より良いので、自分で書いた HTML 文書の表示チェックに使っています。ダイナミック疑似クラスも少々使えるのでちょっと遊んでみたりも(笑)

よさげなモノを探してほかにも幾つか試してみたりもするけれど、やはり「文句無く」というモノは見当たらず。web ブラウザというモノを作ること自体が難しい故か、はたまた IE のシェアに対する諦念故か。もっと色々な種類のブラウザがあるとユーザとしては選択肢が増えて嬉しいんですけどね。

でも HTML, CSS の spec. にはきちんと準拠して欲しいです、はい(苦笑)

「IE を使わない理由」に心当たりのある方、あなたとは気が合うかも知れません(笑)

Perl

Perl をちょっとかじってみようかと思ったり。

自分のプログラム能力が皆無なのは趣味や大学の講義などで BASIC, FORTRAN77, C をかじった経験から分かっているので(苦笑)、一からスクリプトを組み上げる等と言う事は考えていないけど、せめて自分が使っている掲示板やアクセスカウンタが何してるかくらいまでは理解しておきたいかな、と。いざという時のメンテナンスやカスタマイズもできるし。

実行環境はサブデスクトップマシンに Kondara/MNU Linux 1.1 を入れてあるのでとりあえずはそれで。そのうち local web server を立ち上げられれば、自分のどのマシンからでもネットワーク経由で使えるようになるのでもっと便利になるかな、とか。後者は Linux についてまだまだ知らない事が多いからいつになるか分からないけれども。

だけは大きく(笑)

"AWESOME!!"

つくりものじさんの本、『Leaf ROBOCON』が届く。4月下旬の『こみパ』で開場直後に瞬殺だった(らしい)代物で、一般入場で昼過ぎにやっと会場入りした自分は当然手に入らなかった故、先月下旬の web 通販で申し込んでいたもの。早速開封して読んでみる。

…めさめさ「つくりものじ風味」。おーいぇー。ヘタな形容を並べたところで陳腐にしかならないのでこれ以上は書きません。とりあえず『はっぱ属性』をお持ちの方には、如何なる手段を用いてでもご一読する事をお勧めしておきます(笑)

昨年末の『俺野鳥観察記 3』は更にスゴかった。

眠。

土曜日に変な睡眠のとり方をしたせいか、今(21:30)の時点でめっさ眠い。自分は名雪ですか?(違う。それになんだか空がピカピカ光ってゴロゴロ轟いてきて PC 電源瞬断の危機に陥りそうだし、せっかくだから赤いトビラを抗うことなく落ちてみるテスト。

あと1つ2つほど書こうかと思ってた事があったけど、また明日(多分)。お休みなさい。

トカ言ってると明け方早く起きちゃうんだろうな、きっと(苦笑)


七月十一日 煮詰まってます。

猛烈に、T2U コンテンツが(万死)。それはともかく。

パース

ふと思うところあって、買ったまま置いてあった某全年齢対象版(笑)な PC ゲームを Play してみた。や、イベント絵が増えていたりしてますな(ぉぃ。そんな今更風味な事はともかく。

人物の立ち絵に関して、年齢制限版を Play した時は全く気にならなかったことが、今 Play していて猛烈に目について仕方無くて。や、頭に対して首が異様に細いとか(^_^;、身体が正面向いてるのに顔は斜め向いてるとか(^_^;;、撫で肩すぎるとか(^_^;;;、その辺りはもうこの手の絵のお約束なので気にしない、気にしない。

では何が目につくかというと、パース。斜め角度の立ち絵各々における左右の目の大きさや髪の分け目などの不自然さが無性に気になってしまう。高校の総合学習の一環で習った透視図法や大学で履修した機械製図が自身に染みついてしまっているせいか、元々こういったところに目が行くタチなものの、ことゲームについては結構寛容だったようで、今まで気にならなかった。が、今回の Play では開始早々から「うぐ??」ってな感じで違和感バリバリ。それでも「たい焼き食い逃げ少女」の話を突き進んで「『学校』での『三つ目のお願い』」にゲフゥ(吐血)となったりしたけども(ぉぃ

「何故に気になるんだ?」と原因を考えると、思い当たるのはザウ絵を描き始めたことくらい。パースにはけっこう気を遣っているんですよ、これでもσ(^_^;;; その意識が描くものから見るものにまで拡大してしまってるんではないかと推測。

この調子だと、今後は某女史原画のゲームはあまり楽しめなくなってしまう気がして少々危惧。なんだか損した気分ダ(汗)

よもやザウ絵にこんな副作用があるとは(違う

電流・磁力線・力(親指・人差し指・中指の順)

あ、里海さんの日記(00/07/08)で手が描かれている。なぜ最後がクマさんなのかは謎だけども微笑ましいからおっけー(笑)。

あと、同じく里海さんの日記(00/07/06)の美汐絵を見ると、ザウ絵は技巧ではない事を思い知らされたりも。雰囲気は己のよりも「らしい」と思う今日この頃。

ちなみにフレミングの法則は左手・右手ともあるのでお好きな方が使えます(^_^)


七月十三日 サイコロの目

「神はサイコロを振らない」と言ったのはアルバート・アインシュタインだったっけ?(うろ覚え謎)

そんな意味不明なことはともかく。

『まるいち的風景』

久しぶりに単行本をまとめ買いしてみるテスト。ターゲットは『まるいち的風景』1, 2, 3 巻(柳原望 著/白泉社 発行)。地元の書店にあったので即ゲット。

買ったきっかけは夏町銅貨さん(注:2002年5月12日現在 曽我十郎さん)の「最終日記彼女(2000/07/05) & (2000/07/10)」での『まるいち的風景』感想にあった「ロボット」「工学」というキーワード。ロボットについてはここ最近、レオーノフ教授とたかつき氏とで話すことがままあったので、自身なりにその存在について考えるところが。工学については仮にもそれを学んだ者としてはやはり気になるので。

さっそくどんな物語かと読んでみる。えらく大雑把に書いてしまえば「人の動作を見て、真似する家庭用お手伝いロボット『まるいち』をめぐる人間ドラマ」。出てくるロボット『まるいち』は、自分が思い描く理想のロボット像とは全く違っていて、心も感情も表情すらも持たない物真似ロボット。いわばただの道具であり、そう言う意味では期待はずれで少々残念。

しかし驚かされたのが、物語の中で『まるいち』の存在を通し、道具というモノのキモと言える性質を穏やかに明示されていたこと。あ、性質などと書くと難しそうに聞こえるけど、平易な言い方をすれば「道具は作る人と使う人の鏡」って事です。

たとえば包丁一つ取っても、画一的に作られた工業製品と名工が鍛え上げた業物とではその切れ味や使い勝手、物持ちが段違い。また、同じ包丁でもズブの素人とプロの料理人が使うのではその切れ味に天地の差が出る。あまつさえ○チガイなんぞが持ったらそれはもはや包丁ではなく凶器になってしまう。そこには使う人の性質そのままを反映した結果が待ち受けている。

さて、この物語では『まるいち』が色々な場面で色々な行いをします。普通のお手伝いはもちろん、図らずも人の想いを伝えるメッセンジャーの様な役目や、かと思うと世間を騒がす騒動や傷害沙汰まで。

あるとき『まるいち』が問題を起こすと、当然のように世論からは「欠陥製品」「メーカの責任」「製造中止」の声が。 でも何故? 『まるいち』はただ、主人(=使う人)の命令通り動いただけ。その結果が悪いことになったのなら、それは命令が悪いだけで、『まるいち』は「悪いことをしよう」なんて微塵も考えていない。包丁の例えと同様に、あくまで『まるいち』は主人の命令を忠実に聞く道具であり、結果は主人の性質をそのままを反映したもの。包丁を使った強盗事件があったからと言って、悪いのは強盗犯であり、その包丁を売ったお店や作った会社が悪い、って事はありませんよね? 同じように、問題を起こしたのはその主人が悪いのであり、『まるいち』はなにも悪くない。

またあるとき、『まるいち』が持ち主の気持ちを代弁し、人の誤解を解くことも。 感情も言葉も持たず無表情で、ただ持ち主の動きを真似するだけのロボットに何故そんなことが出来るのか? それは時としてちょっとした挙動や仕草が、とってつけた言葉や表情なんか邪魔になるくらい、遙かに雄弁に語る事があるから。包丁だって、日頃使っている人がどんな使い方や手入れをしているかは、野菜の一つ二つも切ればその切れ味だけで分かる人にはすぐに分かるはず。自転車が趣味である自分は、乗ってみればその自転車が大事にされているか否かが分かる自信がある。きっとそれと同じ。

こんな当たり前のはずの、でも最近 PL 法やら何やらの影響で勘違いされているとおぼしき事や、忙しい世の中にあって聞こえづらくなった、道具によって映し出される使う人の声がある事を、この物語はさりげなく説いてくれていると思うのだけど。

とりわけ「機械仕掛けの伝言」「青い目の犬張り子」が好き。

『まるいち的風景』へのオマージュ

ふと、『まるいち的風景』へのオマージュたる Short Story があるのを思い出す。『まるち的風景』梵の書棚(webmaster : 梵さん)がそれ。「一風変わったメイドロボと祖母を亡くした青年の話」です。

初めて読んだ二年前は当然ながら『まるいち的風景』を読んでいなかったものの良い話として十分楽しめた。けど、今回その存在を思い出して改めて読んでみると「なるほど」と思わせる逸品。興味のある方は『まるいち的風景』の後に読んでもらうと宜しいかと。

他にも良い話がてんこ盛り。はっぱ属性にはお勧め。>梵の書棚

一丁上がり。

今月初めから描いていたザウ絵がようやく出来上がる。件の手も、満足とまでは行かないけど赤点ぎりぎりくらいで何とか。 で、改めて見直してみると…細かいところを気にしすぎて全体のバランスが崩れてる(汗)。下書きの方がまだ整っていたかも。とはいえ今から書き直すには間に合わないし(-_-;)

次、頑張ろう。(それ、とても都合の良い言葉です。:ドッペルSP48K)

掲載は都合により来週頃の予定 :-)


七月十五日 今日一日…

食事とトイレと入浴以外はずっと PC の前に座って WZ と格闘。

18日ぶりの更新

腰痛と肩こりにめげずに PC にかじりついてた成果として、なかなか書き進められないでいた "T2U" コンテンツの続きをようやく一節分書き上げる。めさめさ疲れた…(-_-;) あの章は予定では残すところあと三節だけど、先が思いやられるるるる〜(涙)

自分にはあの手の文章は向いてないんでしょう、根本的に。

その男、不勉強につき。

website をきちんと作るにはまだまだ知らなきゃならん事が多いと痛感する今日この頃。うぐぅ。

XBitHack full にすると何故にSSIのカウンタが止まりますか〜?(x_x)


七月十六日 「はれるでしょ―――――――っ!!」

いや、確かに今日は晴れたんだけども(謎)。

今日のお買い物。

暑い中、汗だくになりながら自転車を駆って地元繁華街の本屋その他諸々へ。獲物は以下の通り。

『猫の地球儀 焔の章』,『猫の地球儀その2 幽の章』
(秋山瑞人 著/電撃文庫/メディアワークス 発行)
よさげな話であるらしいので買ってみる。先ほど1巻目を読了。
いまだ物語は話半ばであるし、作者の真意を掴みかねているのでノーコメント。
『夏』のカタログ
たまたまあったので、一応。
それにしても、あいかわらず人が殺せそうな厚さではある(笑)

I've の 2nd CD は…地元には置いてないやね(^_^;;;

月食観測

夕食後、自室で『猫の地球儀』を読み耽る。1巻目読了後、ふと時計を見ると 23:30。いそいで双眼鏡を掘り出し、自室の窓から観測開始。

「食」の入りは見損ねたけど、出の方はその様子が見られる。つくづく月は球体である事がよく分かる(笑)。それと、月面の光と影の境界の推移がなかなかダイナミックでよろしい風味でした、ハイ。

反射率は 3% とか古に聞いた覚えがあるけど、夜空では異端の明るさ(^_^;


七月十八日 はれるでしょう

ハレたね、うん(謎)。

『猫の地球儀』、読了。

日曜に買った『猫の地球儀』を読み終える。

今のところ言えるのは、
――評判を聞いて「よさげ?」と思って、
――書店で手にとって「やばい」と感じて、
――読み終えて「そうだね」と考えた、
そんな作品だということ。

とりあえずお勧めなのは間違いないけど、これは読み手に依って受け取り方は様々だろうなぁ。

きっと自分はその中でも冷たい方。うまく纏められたら後日掲載。

一万突破

こないだの「一丁上がり。」風味なザウ絵を添付して、『痕』二次創作サークルの不可思議さんへメール。
一万アクセスおめでとうございます。

今回は初めから差し上げる事を念頭に描いたため、キャラクタの識別子部分を重点に「似せること」に注力。たとえば、目とか、目とか、目とか、目とか(ぉぃ。

が、しかし。それによって「木を見て森を見ず」風味となり、出来てみれば非常にアンバランスで、活きた雰囲気が感じられない絵になってしまって、なんだかうぐぅ。

でもせっかく描いたので送ってしまうのだった(苦笑)

「おしゃべりな絵描き」だ(自嘲)


七月二十日 音楽 CD って…

思えば買うのは久しぶりなのだと気付く。

"verge" I've GIRLS COMPILATION .2

今日は某小田原方面の帝都進撃を迎撃すべく、秋葉原に遠征。我が目的は地元店舗に置かれていない I've 2nd Album "verge" の捕獲。

はじめに入ったメッセサンオー、売り切れ(汗)。 ゴルゴムの陰謀なのか? Misfortune star が頭上にあるのだろーか? 気を取り直し、秋葉原 のヌシ に詳しいゆの字のナビゲーションに従い、ソフマップ秋葉原 14 号店へ。無事保護。税込み \3,769 也。

この CD 購入の目的は、"bite on the bullet -under mellow style-" と "Treating 2U -wrap up style-" の二曲のみ。いずれも PC ゲーム『Treating 2U』(BLUEGALE)の曲で、ゲーム中では主人公・堤伊之助が歌う男性ボーカル ver. 。だがこの CD では女性ボーカル ver. とのことで、主人公のバンド仲間である仲嶋紅葉が歌っている設定なのでは? という噂が。

そんな『Treating 2U』本編の「伊之助END」と完全制覇 CD-ROM のおまけストーリー「メモリーズ」を踏まえたとしか思えないような曲、俺は聴かずにいて良いものか? いや良いはずがない(反語)

と言うわけで帰宅後、早速聴いてみた。結果、 "bite on the bullet":40 点、"Treating 2U":60 点、ってところ。いまいち。純粋な音楽としてはともかく、『Treating 2U』という作品を踏まえた自分が聴くと「その歌い方は違うだろう」と思う(特に前者)。声質とか以前に。お兄さんの言いたい事はよく分かる(-_-;)

ま、期待しすぎだったのかも知れないけど(苦笑)

細かいことは "T2U" コンテンツにでも纏めて書くことにしよう(ぉぃ

スタイラスの先端

『ざうすけ』でザウ絵を描き始めて約一月半、付属スタイラスの先端が少々いびつになる(汗)

通常の使用と違い、線やドットを「削る」作業が多いためにスタイラスで液晶面を擦る事が多い。また持ち易さもあってか特定の場所をよく使う。その結果、スタイラス先端のある箇所だけが摩擦で削られて平らになったりするわけで。ちと分かりづらいけど、デジカメで撮ってみるテスト

今日、それを見てゆの字と小田原方面は笑ってたけど、描いてる本人としてはあまり笑い事ではなかったり。なんせ、文字通り1ドットを削る作業だからちょっとペン先の形状が変わっただけでも想定外の削れ方になって、かなり難儀なのだ。やってない者にはこの苦労は分かるまい。

で、帰宅途中に地元のショップで予備のスタイラスを買おうと物色する。…なんで硬い先端の物が単体で販売されていませんか? 柔らかい先端の物が単体か、柔らかい先端と硬い先端の物がセットになってるパッケージしか置いてない。柔らかい先端では「削る」作業が出来ないってば(涙)。硬い先端の物だけが欲しいのに。すわ押し売りですか?(ぉぃ

とりあえず購入は保留。硬い先端の物だけ売ってないか探してみよう。

ソフトタイプの液晶保護シートでサイズが丁度良いモノも探してます。


七月二十一日 今日は…

aquablue な人の誕生日でしたな。満 1Eh 歳、おめでとうございまする(笑)

CD2WAV32 + 午後のこ〜だ DLL

別作業の間に PC 作業時の BGM 用として "verge" を MP3 ファイルに変換。

変換作業は前に書いた手順とさほど変わらないけど、 "CD2WAV32" が "午後のこ〜だ for win32" の DLL を使って直接 MP3 ファイルを出力してくれるようになったのでさらに楽に。ブラボ〜♪

あと "ID3Edit" の代わりに "SuperTagEditor" を使うようになったくらい。で、m3u ファイル(PlayList ファイル)も吐き出して、後はいつも通りのジュークボックス状態(笑)。聴くときにタスクマネージャで SCMPX のプロセス優先度をちょいと上げておけば、別のプロセスが少々重たい事してても音飛び無し。

便利なモンです、全く。

どれもフリーソフトウェアってのがめっさイカス。

"verge" 、再聴。

出力された MP3 ファイルのテストも兼ねて "verge" を聴き直す。

"Treating 2U" の点数を 75 点に変更。聴くうちに、
「女性には女性の”癒し”があるのだから、この歌い方もアリか」
と思えるようになったんで。

あとの 25 点は声質とかその他諸々の己のイメージとのギャップ分、かな。

でも "bite on the bullet" は点数据え置き :-P

Re-Markup

"verge" を聴きながら、1999/09/24 分にアンカーを入れるために該当ファイルを開くと…、ゲフゥ(吐血)。HTML のマークアップが滅茶苦茶きわまりない(x_x)

ちょうどこの頃から HTML4.0 を意識して使うようになったんだけど、必要もないのに span 入れてたり、無闇に br 入れてたりで、酷いもんだ。いや、今も決して誉められたマークアップでは無いんだけども。

見てるうちにあんまり気になって気になってねこーねこー(錯乱)となってしまったので、最低限「これはアカンやろ」風味なタグだけをがさがさと修正。ついでにタグの記述を全て小文字に変換したり character set を Shift_JIS から ISO-2022-JP に変更したり。色々。

いい加減きりがなさげなので適当なところでおしまい。あとで Validator で簡単に文法チェックしておこう。

他のは…気が遠くなりそうだから直すのやめ(ぉぃ


七月二十二日 本日は…

その字の誕生日ですな。とりあえずおめでとうと言っておきましょう<「とりあえず」ってなんだ(笑)

…しかし同い年で一日違いの誕生日の知り合いがいる、というのは結構珍しいことだとおもふ(^_^;;

"verge" 、ループ。

何だかんだ言って、グルグル何度も聴いてる(^_^;;;>"verge"

もともと "regret" や "VentAzure"(『Treating 2U』封入特典 CD)を MD や MP3 でグルグル聴いてたくらい I've サウンドは好きだから、当然と言えば当然なんだけども。

まだ聴き込みが足りないから曲の好き嫌いははっきりしていないけど、サハロフさんが既に作ってるように、近いうちに自分専用の "I've Best" を作ることにしよう。って、前にも一度作ったんだ、俺。曲リストは…、あったけどほとんど "regret" と "VentAzure" 繋げただけみたいなモンやね(ぉぃ

今度作るのはちと混ぜることにしませう。

あ、Best 用に 80min. CD-R と MD 買ってこないと<80min. かい(^_^;;;

Character set

昨日の「Re-Markup」作業のうちで「 character set を Shift_JIS から ISO-2022-JP に変更」に関連した事を書いてみるテスト。以降、当者比 1.5 倍で口が悪くなるのでご注意の程を。

character set 、直訳すると「文字集合」ってとこかな? ここでは HTML 文書内で使用する文字エンコードの事です。Internet 上で広く使われている JIS, シフトJIS, EUC は各々 "ISO-2022-JP", "Shift_JIS", "EUC-JP" の名前で登録され、HTML 文書内では使用する文字エンコードを meta 要素で明記することが出来ます。

たとえばシフトJISを使う場合は、<head>〜</head>内に、
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
の一行を入れれば O.K. 。Win や Mac を使っていて、なんの事だか分からない人は上の一行をそのままコピー&貼り付けすれば間違いないと思います、多分。

で、web をグルグル回ってるとよく見られるのが "charset=x-sjis" という記述。おそらくシフトJISであることを明記したいのだと思うけど、残念ながら "x-sjis" という名前の文字エンコードはありません。どういった発端や経緯で使われているのかはあいにく知りませんが、ヘタをすると "Shift_JIS" よりも多く使われているんじゃないかと思うくらい広まってます。

(追記:"x-sjis" について web で検索すると、どうやら NN2.x が発端の様子。当時、シフト JIS が character-sets へ正式に登録されていなかったため暫定的に定義されたらしい。そのせいか "shift_jis" と宣言された HTML 文書を NN2.x で見ると認識できずに文字化けするそうだが、昨今の NN2.x 使用率の著しい低さから考えるに "shift_jis" と記述する方が良いと思う。本当は iso-2022-jp の方が良いのだけど。)

個人で website を公開している人は、おそらく似非HTML解説本から引用したか、使用している作成ソフトによって与り知らぬうちに出力されてるか、そんな所ではないかと。これはそうさせた本の著者やソフトの開発者が悪いんです。ガシガシ文句言いましょう(笑)

ただ、不思議なのは企業などのホームページ作成を代行する会社の HTML ファイルまでも "x-sjis" と書いてるのがあること。大変失礼ながら「ホントにプロですか?」と思ってしまいます。

ちなみに上記のことについては、 HTML4.01 Specification5.2 Character encodings を流し読んでもらえれば O.K. 。もっと遡るならさらに Informative references[CHARSETS] へ飛び、そこから "a list of registered charset values" と書かれている character-sets というテキストファイルを落として見て貰う、これで参照できます。仕様書を紐解けば後は全てリンクを辿るだけで良いんですけどね…。

そもそも仕様書自体を知らないのでは、と言う気も(^_^;;;


七月二十三日 たまには

日記らしく書いてみよう。

徒然に日記

9:30 起床。東南を向いた部屋なので暑くて目が覚めた。でも 6, 7h は「すぴ〜(©里海さん)」って寝たから良しとする(んなかわいく寝てないって>俺)。ちょっとウダウダしてからお風呂。寝汗を流してサッパリして、 PC いじりながらまたウダウダしてると11:30 も過ぎた頃に PHS が『夢見るロボット』(打ち込み:STB)を奏でる(笑)。

誰かと思ったらたかつき氏。「誰?」と呆けてみると「たかつきスピーキンッ」と答えが返ってきたので「このダメさ加減は本人に間違いない」と認識(ぉぃ。「どしたん?」と訊くと「これから飯食いに行こう」って。お兄さん、あなたが今居るところは天下茶屋ベースキャンプでしょーが。コッチは千葉県だよ(笑)。しばし莫迦話。同じく天下茶屋ベースキャンプ駐留のレオーノフ教授、家主のその字とも話をしてると昼食の頃合い。

昼食を摂って一服してから、暑い中、自転車を駆って地元繁華街へ。ざらっと本屋と PC ショップを巡り(『Air』を予約してみたり)、ゲーセンで一回 \100 の DDR3rdPlus を play して即死したあと喫茶店で一服。S21 の HDD にコピーして置いた "verge" の MP3 ファイルを SCMPX に突っ込んで聴きながら、暫し WZ でテキストを打つ。小一時間で出て帰宅…しようと駐輪場に戻ると自転車のハンドル辺りがなんか寂しげ。あ、デジタルメータが無い。

恐らくそこいらのお子サマが盗ったんでしょう。でもセンサー部まで盗る知恵は無かったらしい(笑)。どうせならセンサーを留めてるインシュロックをニッパーで切るくらいの賢さを持って欲しいものです。表示部だけではせいぜい時計にしかなりません。こっちはペダリングのペースメーカ代わりにしてた程度だから無くなっても痛くも痒くも無し。気にせず帰宅。

居間の TV では大相撲中継が。千秋楽だった。暫し見てると立行司の式守伊之助さんが本日をもって引退らしい。五十年以上行司を務めたそうで、表情も感慨深げ。お疲れでございました。しかし「伊之助」という名前にピピン!(not @)と反応してしまう自分は色んな意味でイカンのだろう(汗)。

この節を途中まで書いてると夕食の時刻。それなりに食べて一服後、自転車こいでドップリ汗かいたせいで肌がベタベタしてるのでシャワーを浴びる。嗚呼、サッパリ。で、残りをサクッと書いてしまったのだった。

つまらないから以後徒然に書くのやめ。

さーて、ナニ描こう?

ざう絵の次の題材が決まらないナァ。

はじめは「天野&真琴(子狐ver.)」を描こうと思ったけど、自分が描くよりも可愛げな絵を見て満足してしまったし(謎)、「ル子」を描くには未だ覚悟が足らぬし(意味不明)、某小田原方面のリクエストである「ルリ」は作品見てないからよーわからんし、って言うか同型の Zaurus 持ってるんだから自分で描きなさいな。絵心なんて関係ないってば(笑)>小田原方面

無性に描きたくなるようなモノ、出てこい。> nul

戯れに安藤まほろさんでも落書きするか(ぉぃ

この文書、HTML4.01 につき、

大概の要素には core 属性が使える。というわけで、自分が書いてる HTML 文書、要所要所には alt 属性のみならず title 属性も入れてたり。気付いてる人は気付いてるだろうし、そうでない人はサッパリだろうけど(当たり前やがな(^_^;)。

たとえば七月七日付の七夕な絵は以下のような感じ。
<img src="./img/0707.gif" alt="世界が平和になりますように まほろ" width="240" height="300" title="ザウ絵で七夕" class="diary-photo-left">

ネスケや IE(〜4.x) はポインタを alt 属性の付けられた画像等に合わせると無条件に「ピョンッ!」と alt 属性の値を表示する。面白いなぁと思ってたんだけど、IE5.x では title 属性が入っているとこちらの値を優先的に表示するようになった。

で、ふと考えると、IE5.x の振る舞いの方が正しいように思う。何故なら、alt 属性の本来的役割は非画像表示ブラウザを使用しても閲覧に支障無いようにする代替文章 (alternate text) の明記なのだから、画像表示できるブラウザではその値を必ずしも表示する必要はなく。それよりむしろ、その画像などの題名である title 属性の値の方を表示すべき。

偉いぞ、IE5.x。あとは妙な独自拡張と穴だらけのセキュリティ、それとたまーに OS 道連れに変なコトしちゃうクセを何とかしてね(笑)

ちなみに画像以外にも span とかで要所要所にチラホラと title 属性入れてます。(ニヤソ)


七月二十四日 本当は

今日は書くつもりはなかったが、一つだけツッコミ。

たかつき氏が「その為の 8M です」と言ったのは、冬コミじゃなくて覚醒夜スペシャル(2000/03/19)だよ。>その字 現場にいたから間違いないナリ(笑)

や、それだけ(ぉぃ


七月二十五日 最近どうも…

後頭部が重たい。鉛の板でも埋め込まれたみたいで、何もする気が起きない。うぐぅ。

思えば今月は

まだ一回しか更新してないぢゃんっ!(涙)な "T2U" コンテンツ、更新。七月二十日の「"verge" I've GIRLS COMPILATION .2」の最後にヘロッと書いた事を実行。

しかし三ヶ月経っても全然内容が充実してないよなぁ…(汗)


七月二十六日 夏日解消

…の筈の今日なのに、自室で PC に向かっていると妙に暑いのはやはり通常消費電力 160 WT960 のせいなんだろーか?(大汗)
(フルタワー風味のメインマシンも加担してます:ドッペルSP48K)

果たして…

頷いていただける内容なのかは首を傾げるところではあるんですが(^_^;;;>sugichさん

きっと、『Treating 2U』を play した人が "verge" を聴けばそれなりに思い描く世界や考えるところがあると思うんで、「そう言った事が聞けたらナァ」と暫し web をグルグルした事も。でも自分が見て回った限りではそう突っ込んだ話が無くって、「じゃあ、他人に求める前に自分で書くべ」と思って書いたのがあの妄想すぺさるです。

とはいえ論法がめっさヘナちょこ風味なんで、
「誰か俺の首が疲労破壊で折れるくらい頷かせてくれるような、
"Treating 2U"&"bite on the bullet" 女性ヴォーカル version に対する解釈を書いてくれないかなぁ」
と思いながら、グラフィック表示(しかもカラーで!)されるようになった『痕 for igeti』に勤しむ今日この頃。
(ダメすぎです:ドッペルSP48K)

いまだに「メモリーズ」@『T2U 完全制覇 CD-ROM』を読むと泣けてしまう(苦笑)。

六月以降…

ちまちまと駄文を書くようになってから、どうにも最終的なファイルサイズが 50 〜 60 KB と大きくなる傾向有り。>ココ

サーバのレスポンスはともかく、閲覧者の接続方法に依っては決して小さいファイルサイズではないはず。むぅ。今後もこの調子なら分割とかも考えないと。

その前につまらん事を書かねば良いではないか、と言う話もある(図星)


七月二十七日 ちまちまと

昨晩、アクセスカウンタ(簡易アクセス集計機能付)なんぞを入れ替え&新設してみる。や、だからと言ってどうもしないんだけども。

あ、"XBitHack full" にしといたナリ。>その字

今、Zaurus が 暑い 熱い!(俺内部的に)

最近、MI-310(ザウルスカラーポケット)の稼働率が高くて、単三形 Ni-MH 充電池の充電頻度がこれまでになく高い今日この頃。1300 mAh のヤツだからさすがに古くて、という話もあるけどそれはともかく。

稼働率向上の一翼を担っている『ZKIZU - 痕 for igeti -』のページを見に行くと、早くも ver.0.21 に上がってるるるりら〜♪ 即刻 DL して CF にコピー&展開、実行して三分身した千鶴さんを拝んでから(ぉぃ Revision Sheet & known bugs を読む(事が後先逆です:ドッペルSP48K)。前者は「開始時グラフィックロードの調整。背景グラフィック描画時に画面クリアする処理を追加(鬼千鶴さん対策:-)。 」だそうで、BBS でのバグ報告への対応の様ですね。後者は…気にしないことに(ぉぃ

ともあれ引き続き動作確認に勤しむことに変わりないけど、ご本業が超多忙らしい作者のS.TAKeさん、 ver.up は嬉しいけどご無理のない程度に頑張って下さい(ぺこり)。<ここに書いてどうする(-_-;)

それから最近重宝させていただいてるうっかり南さんアンテナ(管理者:中将さん)経由で夏町銅貨さん(注:2002年5月12日現在 曽我十郎さん)の『最終日記彼女』(2000/07/27)を見に行くと…『はいからざうすけ』? ということは起動画面で「はいからさん」風味の袴姿をしたざうすけのお姉さんが表示されるとか(違う

…16 bit color のざうすけですね(^_^;;; 詳細を読み進めると自分にはオーバースペック風味ではあるけど、楽しそうなソフトなのでヘタレなりに使ってみたいし、Zaurus でこういったソフトが出るのは嬉しい限りで。えっ、ルーペ機能を『ざうすけ』にフィードバック? ぶらぼー! これでスタイラスの摩耗が緩和される(苦笑)

ちなみに「ザウルス上で256色のドット絵をいっぱい描く」と聞いて「『デジキャラClock』のキャラクターリソースが増えるのかな?」と思うのは…調子が良すぎるか(^_^;;;

ウチ経由で『ZKIZU - 痕 for igeti -』のページへ行かれましたか(^_^;;;>夏町さん(注:2002年5月12日現在 曽我十郎さん

姪、来たる。

夏休みって事で姪が泊まりに来た、籠ごとハムスター連れて(汗)

でもウチは大人ばっかりでオモチャもないし、遊び相手になるような子供とかもいないから来ても面白くないと思うんだケド…。ま、色々珍しいんでしょ。女の子だからにぎやかだけど悪さするわけで無し。

夕食後、「花火がしたい」と姪が言い出したので自分が火元責任者(笑)に任ぜられる。とはいえ雨が降ってたから縁側の雨の当たらないところでひたすら線香花火だけ約二十本(ぉぃ や、本人喜んでやってたんでそれはそれでいいかな、と。

自分は専ら火の扱いと見物に徹してたけど、線香花火には線香花火の「味」がありまする。

思えば自分で花火をやらなくなって何年経つだろう…?

ちょいとツッコミ

そのコミックの題名は『クロノクルセイド』だネ?[Y/y]>ゆの字

俺内部的にはアズマリアが主役(マテ


七月二十八日 ざう絵を描かない『ざうすけ』使いが…

息をしていい理由は何もない。

というわけで、落書きちっくなまほろさんを一枚。
…というかホントに落書き気分^2で描いたんだけど(ぉぃ

今回はドット削りとか細かい修正とか一切無し。線も一番細い線は使わず、塗りもざくざくっとやって一時間少々で描き上げ。あとは手書きメモで文字入れて PC にコピーして GIF に変換しておしまい。

これだけ手抜きするとさすがに楽ですな(笑)

でも、こんなモンばっかり描いてるといつまで経っても上手くならないヨ>自分


七月二十九日 Slim down しよう。

…と言っても体重を減らすつもりはなくて。
(あなたがこれ以上痩せると危険です:ドッペルSP48K)

以前から思っていたことだけど、どうにも身の回りが物で溢れてしまってる。具体的には、本、PC とその関連、ゲーム、LD, DVD, CD そんなトコ。それは自室と言わず、廊下や物置部屋をも占領してて、かなりキてる状態。

なにぶん、物に多少なりとも思い入れを持って捨てられなくなる性分なのでここまで来たのだけど、かといって使われずにしまって置かれるのが果たしてその物にとって幸せ? と考えれば恐らくそれは否。

それに、無闇に物をたくさん抱えているのが結果的に意識の散漫を招いている、そんな気が最近する。周りに物が多すぎて、何をしようか迷ってしまったり(汗)、或ることをしようとして、その為の道具を探すのに一苦労だったり(大汗)

そんなわけで、自分の持ち物を要るものと要らないものとに分けることに決定。さしあたって PC ゲームで要らなそうな物を売ろうかと、今日地元のショップへ。しかし店員に買い取り価格を聞こうかと思ったらえらくナニな対応だったので、「じゃ、結構です」と言って店を出た。初回版・未開封で良好なブツもあったのにネ>某店

とりあえず、明日は東京まで足を伸ばして色々物を売ってこようかと。今考えているのは以下の通り。秋葉原と有楽町辺り行けば O.K. かな?

FUJIFILM GA645 Professional
レンジファインダ式の中判カメラ。
景色などを撮影するにおいてはフィルム面積がモノを言うので、撮影旅行のお供に、と思って以前買って置いた代物。しかし最近はめっきり E950 に一任する様になって一向に活躍する機会が無い(汗)
今後も暫くは使う予定が無く、それではカメラがかわいそうなのでいっそかわいがってくれる人へ、と思って手放すことに決定。
『初音のないしょ!!』(初回版・未開封)
『WHITE ALBUM』(初回版)
『こみっくパーティー』(初回版)
『WHITE ANGEL』(通常版)
いずれも PC ゲーム。
『初ない』は当時の事情により複数購入してしまったもの。くまシャー付きのコレ、今では結構貴重品では? ちなみに通常版(CD ケースのヤツ)も持ってたりするので play するときはそちらを使ってます。
『ホワルバ』は絵は好きなんだけど、シナリオが痛すぎで挫折(汗)
『こみパ』はそのゲームシステムが自分に向いてなくて挫折(ぉぃ
『WHITE ANGEL』はそのシナリオにネタ元が見える上に未消化な部分があって途中でやめ。Leaf や Key に続け、って意気込みは判るんだけども。
『新世紀エヴァンゲリオン』Volume 1, 2
『彼氏彼女の事情』Op.1, 2
『岩男潤子コンサート kimochi in 東京国際フォーラム』
『天地無用! 遙かなる想い TENCHI MUYO in LOVE 2』
DVD VIDEO の面々。
『エヴァ』はなにげに観たくなって買い始めたモノの、さっさと飽きた(笑)
『カレカノ』は原作が面白かったので如何なモノか? と思って見始めたモノの、二巻目で某監督の「底」が見えたので以後購入やめ(ぉぃ
『kimochi』『天地』は一度観たのでもう良いか、と。

こうして見ると買い叩かれそうなモノばかりだけど(汗)、使われたり観られたりすることなく自分が持ち続けるよりは良いよね、などと思ったり。

まだ本やら CD やら LD やらが残ってるけど、これらは数も大きさも結構なものだから順番に整理していこう。

部屋の片隅からシャープのポケコン PC-E550 発見。懐かしスギ。単四形電池買ってこないと(笑)


七月三十日 秋葉原遠征

めっさ日差しが強くて、本能的には家で涼んでいたかった風味ではあったけど気合いで家を出る。

買い取り結果

秋葉原に着いてまず、ゲームと DVD を売り払うべく買い取り店を数件回り、買い取り価格の傾向を見て某店に決定。試しに査定して貰うと、思ったよりはよさげな買い取り金額だったので「了承。(一秒)」して買い取って貰う。いくぶんカバンが軽くなる。

次にカメラを…と思って、ふと秋葉原には『マップカメラ』があることを思い出す。行ってみるときちんと買い取りもしている様子。五階までえっちらおっちらと階段を上り、先客の査定が終わるのを暫し待ってからいざ自分の番。

機種を見ると店員が苦笑い。「このモデルはですねぇ…」という言葉の後に色々説明を聞く。曰く、型が古い上に焦点距離が長い、主操作のほとんどを行うコマンドダイアルがいまいち強度が低く故障の原因となっている、等々。いちいち思い当たることで、もっともな話。最後に「そんなわけで、あまり高く買い取れないんですよ」と。

とはいえ元々あまり高値を期待していたわけで無し、試しに動作確認や傷チェックなどお願いして、査定額を出して貰う。まあまあの額だったので、買い取って貰うことに。カバンがめさめさ軽くなった(笑)

全て買い取って貰った合計金額、\45.5K。こんなもんでしょう。

多いに越したことはないけど(ぉぃ

スタイラスを探して

そのあと MI-310 のスタイラス探しに歩き回る。途中、なにげに CE-AP1(Zaurus を MP3 player と化する魔法の道具) や 安売りの MI-504 の誘惑に駆られたりしたが、「物減らしに来たはずなのに増やしてどうする」と思いとどまる。偉いぞ、俺(ぉぃ

いくつかの PDA 方面に強そうなお店をまわるも、探している先端の硬い物が単体で売られてることはなく。MI-C1 のはあるのに、なぜだ?> Sharp

仕方がないので秋葉原より戦略的撤退。

ポケコン用の単四形電池はちゃんと買った。

その痕。

上の副題を「そのきずあと」と読んだ方、お仲間♪

帰りの電車の中でひたすら『ZKIZU - 痕 for igeti -』に興じつつ(ぉぃ、最寄り駅沿線に乗り換えると浴衣姿の女性がチラホラ。昨日今日は地元繁華街でのお祭りであることを思い出す。

パンダみたいな化粧や出足払い一発でダウンしそうなサンダルも流行だろうからそりゃ結構、だけどやはり日本人には和服が一番似合うと思うが、どうだろう?>ご婦人方
(そんな人たちはこんな所見てません:ドッペルSP48K)

自宅に戻って干しっぱなしの布団を入れる。ちと湿気り気味。うぐぅ。

落書きまほろさんが今までで一番出来が良いって、出来が悪くなるような難しい所を描いてないからだよ(笑)あとお兄さんの好みとかネ。線が柔らかく感じたのは、恐らく太いからそう見えるのだと思う。ま、液晶画面の Zaurus で描いたモノを CRT で鑑賞する以上、見え方の違いは少なからずあるんだけどね。

実は三時間くらいしか寝てないので結構眠かったり。歩き回って適当に疲れてるし、素直に早く寝ることにしよう。お休み。
くー。

手抜きしてる、手抜きしてる。


七月三十一日 今日も今日とて

暑い。風があるだけましな風味だけど、直射日光を浴びると「メルテッドマン」になりそうだ(ぉぃ

ありゃ

こりゃ失礼。元々妥当、というより至極当然な話だと思ってたんで、ちと変化球にしてみたんだけどネ。>その字

落書きした事あるなら、イイ感じで描けた鉛筆描きの上にペン入れしたらなんだかつまんなくなった、って経験はないかな? 自分は何度もあるし他でもいくつか聞いた事あることなんだけど。要はそれと同じようなこと。落書きとか下描きって失敗を恐れず自由に描くから、往々にして仕上げたものよりも活き活きとするモノだと思うのよ。たとえばこないだの『楓・馬車道Edition』下描きの方が個人的に気に入ってたりするし。

とはいっても下描きで止めるわけにはいかないんだよね。頭の中には既に完成品のヴィジョンがあるんだもの。イイ感じで描けちゃった下描きを潰してでもそれを求めて描き続けるわけ。で、結果として線なりデッサンなり、活きの良さが無くなるのは仕方がない。こちとら下手っぴなんだし(笑)

だから落書きの方を以て「コレの方がいい」って言うのはとても分かる話なんだけど、描いている当人としてまともに答えると「落書きだからね」ぐらいしか言えないんだ、実は。

あ、落書きちっくな絵に転身しろ、ってのは無しね。俺が求めるベクトルは一番始めに描いた天野絵にあるから。

なにやら

昨日描いた『くー。』な絵、某STB氏(ぉぃが気に入ってくれたみたい。お兄さん、相変わらずなゆなゆに弱いですね?[Y/y]

なんだったら「STBさん江」って書こうか?(いらん。:STB)

でもあれ、モノの二、三分で描いたんだけど(^_^;;;;

相変わらず勤しむ。

『ZKIZU - 痕 for igeti -』のコト。昨日千鶴 BAD を終わって、今は楓シナリオ中で良い子は見ちゃダメなドキドキシーン(ぉぃ 楓ist としてはぜひとも Happy へと思う今日この頃。動作確認としてはさっさと読み進めるべきなんだろうけど、ついつい読み耽る(苦笑)

しかしたまに落ちるモノの、後は特に報告するようなバグが見あたらない。ただ楽しんでるだけか、俺?(笑)

TAGUCHI "SP48K" Nobuaki <mailto: sp48k@t12i.net>
WebSite URI: http://sp48k.t12i.net/